聞き入るだけではなく

有名なRosetta Stoneは、英語を端緒として30言語あまりの会話を実践的に勉強できる学習教材なのだ。。聞き入るだけではなく、そのうえ話ができる事を目当てに進んでいる方にぴったりです。

大人気のYouTubeには学習の為に英会話学校の教師や少人数の集団、外国の一般人などが、英語学習の目的の英会話授業の映像を種々アップしている様だ。。

英語というものの学び方は、①ひとまず重ねて頭の中に入れ込んでいく事、②次に、脳を日本語で考える事から英語にする、 ③いったん理解した事を忘れないようにしてキープし、確立させる。

私の時は、英語を読みこなす練習を沢山やる事によって、表現を貯めてきたので、他の聞き取り、筆記、発語というような技能は、別々に程良い感じの参考図書を2、3冊こなすだけで十分だった。

「英会話のできる国に行く」とか「英語を母国語とする知人を作る」とか「英語圏の映画や歌詞が英語である音楽やnewsを視聴する」等の様々な仕方があるが、始めに基本の単語を目安となる2000個程そらんじる事です。

オーバーラッピングというものをやる事によりヒアリング力も改善される原因が2つあります。「自分で言える発音はよく聞き分けられる」ためと、「英語を理解する対応する速度が上がる」という、2つの事によります。

英会話の練習や英語文法を学ぶと言う事では、何はともあれ完全に耳で聞く練習をした後で、結局無理やり覚えようとはしないで、自然に英語に慣れるという方法を選ぶとよいのだ。。

英会話レベルが中・上級の方には、何はともあれ海外news等なんでもよいのだ。が、英語音声と英語字幕をご提案します。英語で音と字を同時に視聴する事で何の事について喋っているのか丸ごと認識できるようにする事が大切です。

よく世に言うところのピンズラー英会話とはポール・ピンズラーという博士が開発した学習プログラム、通常子どもが言葉を理解する方法を模した耳と口を直結させる事によって英語を勉強する新しい意識のレッスンといえます。

英語を学習する為には、まず初めに「英文を解釈できるための文法」(試験用の文法の問題を解くための試験勉強と区別があります。)と「最低限の語句の知識」を血肉とする為の実習が重要なのだ。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">